レンタルと買い上げ小物

喪主の正装

喪主は、故人が生前お世話になった方や参列された方へ、お礼の気持ちを伝えることが大事です。

男性の喪服は、礼服用の黒スーツでも構いません。
洋装では、黒のモーニングに黒ネクタイ、ズボンは縞柄で、裾がシングルの物が正装です。
中に着るベストもシングルで、上着と共布です。
和装では黒羽二重で五つ紋付きの羽織袴が正装です。
弔事では下着の衿は重ねませんが、他は慶事の正装と同じです。
足袋は基本的には白で、地方によっては黒が正式の場合があります。

女性の喪服は、洋装では黒無地のワンピースやフォーマルスーツを着用し、黒のパンプスが正式です。
飾りのついた物やエナメルは不適当です。
アクセサリーに関しては、基本的には結婚指輪のみですが、パールであればネックレス(一連)やイヤリングはつけても良いとされています。
和装では男性同様に、黒羽二重に五つ紋をつけた黒無地で、帯揚げ・小物も黒で、黒の草履を着用し、足袋は白です。

弔問時の服装

突然の訃報に際して、今日が通夜という場合があります。
家に帰ってから着替えてくる時間がある人は、黒い服に着替えてから行きましょう。
時間がない人は、華美な服装でなければ、通勤着や制服でもかまいません。
「とるものもとりえず参りました」という気持ちが表れていれば大丈夫だと言われています。

また、職場に個人用のロッカーがある場合には、白のシャツやブラウスを1枚、置いておくと便利です。
現代の式場は冷暖房完備ですから、長袖・半袖のこだわりもあまりありませんが、肌の露出度が少ない長そでの方が無難でしょう。
ご霊前は、通夜のときに差し上げれば、葬儀の日にはダブって出さなくても構いません。
金額や住所・氏名はきちんと書いておくようにしてください。


この記事をシェアする