和装時の特徴

父親の正装

新郎新婦の父親の正装はモーニングコートで、夕方から夜の式ではタキシードです。
レンタルすると1セット30000円前後です。
式場には2~3種類の用意がありますので、その中から選ぶと良いでしょう。
上に着るものは、それほど違いがないのですが、ズボンには、縦縞が入ったものや、黒一色のものがあります。

肌着は自前で、上着、ベスト、ネクタイ、靴がレンタルできます。
靴はなかなかサイズが合わないのですが、各テーブルに挨拶周りをするので、小さいよりは大き目の方が無難です。
スタンドカラーの白ワイシャツや、小物としては袖あげベルト、カフスボタン、ハンカチーフ・靴下は買い上げになることが多いようです。

買い上げの品を見みると、あとで何かに使えるものでもなさそうですね。
買い上げしなくても良い店もありますので、レンタル業者に確認してください。

母親の正装

母親の正装は黒留袖で、着物のレンタル料は、5万円~10万円前後です。
着物の柄をえらぶと、それに合った帯を選んでくれます。
持参するものは肌着、たび、補正用のタオル数枚です。
その他、持っている人は、腰ひも数本・コーリンベルト・帯板・伊達締めを自前で用意すればレンタルセットを使わずにすみます。
持っていない場合は式場で借りることができます。
直接肌に触れるもの以外は、草履やバッグなどの小物にいたるまで、総レンタルになる場合がほとんどのようです。
ヘアメイクは、希望を伝えてやってもらうと良いでしょう。
普通に和装メイク、少し華やかなメイクにしたい、顔色が悪いので明るく見えるようにしてほしいなどがあります。
コンプレックスがある部分も相談すれば、目立たないようにやってくれます。


この記事をシェアする