ゲストのマナー

新郎の衣装

新婦と比べると、あまり興味がない新郎もいらっしゃいますが、この時しか着られない服なので、新郎新婦ともに後悔しないように選びましょう。
芸能人などは別として、一般的には、新郎の結婚衣装を購入するケースは少ないと思います。

しかし、新婦を引き立てることや、新婦の衣装とのバランスなどを考えると、かなり多くの選択肢の中から選ぶことになります。
和装では羽織袴姿になりますが、レンタル料は5万円前後~となっています。
羽織は、単色の黒や白のほか、ぼかしの入ったものや、ピンクや柄物もあります。
袴は、羽織に合う物がセットされている場合もありますが、自分で選ぶことも可能です。
黒のストライプが無難なようですが、金銀系の柄物もあります。
気をつけたいのは、「成人式の暴れん坊将軍」風にならないようにすることです。




新婦の衣装

レンタル料には差があります。
白無垢は10万円前後~数十万円のレンタル料がかかります。
白無垢は同じように見えても、地模様や刺繍など、それぞれに凝っていますし、色打掛も同様です。
購入するときの値段に見合ったレンタル料となります。
10万円ぐらいで買える物もありますが、あとの使い道がほとんどない物なので、レンタルで予算に合った物を用意する方が良いかもしれません。

ウェディングドレスの購入は、1万円弱~数十万円まであり、購入価格が高価なものが、レンタル料も高く設定されています。
場合によっては購入する方が安上がりになることもありますが、式場によっては持ち込み料を払わなければならないところもあります。
引き出物の中の一つに、式場で販売している商品を組み入れると持ち込み料が無料になる所もあります。

また、着付けやヘアメイクの「先生」や担当者には、祝儀を渡すことも忘れないでおきましょう。」


この記事をシェアする